2016年5月18日 kreed

頭に残るものは…?

 

デザインのしっかりしているWEBサイトとは?

かっこいい、きれい、かわいい、スタイリッシュ、、、

「デザインにこだわる」というと見た目部分だけに目が行きがち。
しかし、KREEDでは必ずその一歩手前の部分を最も大切にします。

注意すべきなのは「かっこいいホームページ」を作ること自体を”目的”としてしまわないこと。
その商品やサービスの伝えるべきコンセプトを余すところなく表現すること。
その表現を引き立てる手段の一つとして「かっこいい」という形容詞を目標とします。

当たり前のことではあるのですが、実はこれが難しくまた大切なポイント。
この順序を逆に、つまりかっこいいデザインの中に商品を置いてしまうことは非常に危険です。
形容詞ありきで、先にデザインから入ってしまった途端、その商品専用の舞台(WEBページ)ではなくなってしまいます。
他の商品の写真をそこに置いても違和感がない=その商品の世界観を表現しきれていない。となります。

奇抜なデザインには、インパクトがあるかもしれません。
しかし正しいプロセスを踏まず、「それだけ」になってしまったWEBページはコモディティ化の波に飲まれてしまいます。
例えば他のもっと奇抜なデザインが出てきたときに、商品自体の世界観で勝負をしていないため差別化ができないからです。
それでは永続的な集客・ブランディングは難しいものとなります。

観た人の記憶の中に、本当に残したいものは何なのか。

 
インターフェイスは表現・動線の手段であり、それ自体が目的になってはいけない。
作り手として、私たちが開業時から貫いている信念でもあります。

その上で最高にかっこいいものを作り続けています。
 
KREED.